AG-ムービーカッター

AG-ムービーカッター の説明

AG-ムービーカッター は動画を分割、結合、再エンコードするソフト。

動画の出力形式は WMV, AVI とエンコード負荷が軽いオリジナル動画形式の AGM が選択可能。 シークバーで動画の切り出したい位置を指定して保存できます。

静止画の切り出し、音声のみの切り出しにも対応。 音声の差し替えもできます。


Sponsored Link
if (width > 728) { style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-slot="8055462971"> }


主な機能・特徴

  • 各種動画形式から領域を指定した再エンコード切り出しが可能。
  • 動画プレイヤーとしても利用可能。
  • 静止画/音声トラック/映像トラックの切り出しと音声トラックの差し替えに対応。
  • AGM, WMV, AVI 形式エンコード出力の選択が可能。
  • AGM 形式動画用 DirectShow デコーダー(AGMDecoder)を同梱。
  • インストール不要。

簡単な使い方

  1. AG-ムービーカッターをダウンロードして解凍後、Program Files 等適当な場所に設置。
  2. AGMCut.exe をダブルクリックで起動。
  3. 編集したい動画ファイルを上部メニューの 「ファイル」 → 「開く」で選択。
  4. 下部左端メニューで動画を再生/停止。
  5. シークバーを利用して再生位置を移動。
  6. 静止画の切り出しは、切り出したい場面までシークバーを移動し、上部メニューの 「切り出し」 → 「静止画[クリップ]」 もしくは 「静止画[ファイル]」 を実行。
  7. 静止画[クリップ] はリップボードに画像を出力、静止画[ファイル] は 「ファイルの種類」 でJPEG, PNG, BMP のいずれかを選択して、ファイル名を付けて任意の場所に保存。
  8. 動画の再エンコードは、上部メニューの 「オプション」 → 「エンコード設定」 から使用するコーデックを選択。
  9. 選択したコーデックの設定を行う。
  10. 上部メニューの 「切り出し」 → 「動画[エンコード]」 を実行。
  11. ファイル名、形式、保存場所を設定して 「保存」 をクリック。
  12. 動画の分割(切り出し)は、下部メニューの 「S」 ボタンで切り出す頭を設定。
  13. シークバーで切り出す範囲を指定。
  14. 下部メニューの 「E」 ボタンで切り出しの終わりを設定。
  15. 上部メニューの 「切り出し」 → 「動画[エンコード]」 を実行。
  16. ファイル名、形式、保存場所を設定して 「保存」 をクリック。。
  17. 動画の連結は、連結したい最初の動画を 「ファイル」 → 「開く」で開く。
  18. 次に連結したい動画を 「ファイル」 → 「ファイルを追加」 で追加。
  19. 最後にメニューの 「切り出し」 → 「動画[エンコード]」 を実行。
  20. ファイル名、形式、保存場所を設定して 「保存」 をクリック。

AG-ムービーカッター を使えば、動画の好きなシーンの切り出しが簡単にできます。

AG-ムービーカッター はシェアウェアの AmuseGraphics に付属する同名ソフトのフリー版。 シェアウェア版で利用可能な AGM 形式の一部と無劣化切り出し機能は利用できません。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)
Sponsored Link

関連記事

  • メモツール

    メモツール

    メモツール - テキストや画像などのメモに関する操作を便利にしてくれるソフト
  • AG-Webカメラレコーダー

    AG-Webカメラレコーダー

    AG-Webカメラレコーダー - PC に接続されている Web カメラの映像を録画するレコーダー
  • らじっ娘

    らじっ娘

    らじっ娘 - radiko と地域外の CSRA.fm が聴けるインターネットラジオプレイヤー
  • CPUメーター

    CPUメーター

    CPUメーター - モニター画面上に現在の CPU 使用率を表示するシンプルなツール
  • PCPC

    PCPC

    PCPC - CPU とメモリの使用率、ディスクとネットワークの状況をグラフ表示できるソフト

お薦めサイトの最新記事

コメントを残す